頭皮の角栓の発生原因は?正しい取り方で除去しよう

頭皮・髪のトラブル

角栓と聞くと、鼻の毛穴につまるものをイメージすることが多いですが、実は、頭皮にも角栓はできます。顔と同様、頭皮の毛穴に角栓がつまると皮膚トラブルを起こしやすく、頭皮の場合はさらに、抜け毛の原因となり、やがて薄毛にもつながっていきます。髪の毛を守るためには、頭皮の角栓を正しい除去方法で取っていくことが大切です。ここでは、気になる頭皮の角栓について、その治し方も含めてご紹介します。

頭皮に角栓はなぜできる?

頭皮には、なぜ角栓が発生するのでしょうか?その原因は、次の通りです。

角栓を構成する成分

まずは、角栓をつくり出す成分についてですが、角栓は、古くなった角質が70%、皮脂が30%で構成されています。通常、古い角質は一定周期ではがれ落ちていきますが、角質がいつまでも頭皮に残ると、そこに皮脂が混ざり合い毛穴をつまらせます。それが角栓です。

頭皮は皮脂分泌が多い

頭皮は、角栓ができやすい環境にあります。頭皮は、他の部位より皮脂腺が多く存在しています。その皮脂分泌量は、なんと顔の2~3倍とも言われています。皮脂は、皮膚を外的刺激や乾燥から守る大切な成分で、特に頭皮の皮脂は、皮膚だけでなく髪の毛も守る必要があるため、皮脂腺も多くなっています。しかし、きちんとケアをしないと古い皮脂が毛穴に残ったり、皮脂の分泌過多により、古い角質やほこりなどと混ざり角栓を形成しやすくなるのです。

整髪料やシャンプーが残っている

シャンプーの洗い残し、ジェルやムースなどが頭皮に残っていると、毛穴をふさいでしまいます。毛穴がふさがると、分泌された皮脂が毛穴に残ってしまうため角栓が形成されやすくなります。

間違ったヘアケア

自分の頭皮に合わないシャンプーの使用や、洗髪を毎日しない、反対に1日2回以上洗髪する、これらの行為は頭皮に負担をかけます。皮脂は、頭皮や髪の毛を保護するため、常に適量は必要な成分です。皮脂を除去しようと、洗浄力の強いシャンプーや洗髪をし過ぎると、必要な皮脂まで洗い流してしまうため、皮脂腺からはより多くの皮脂がつくられ、分泌過多につながります。反対に洗髪を怠ると、古い皮脂が頭皮に残り、角栓の原因になります。

頭皮の角栓はトラブルの原因に

古い角質と皮脂でできた角栓は、頭皮や髪の毛にどのような影響を与えるのでしょうか?

抜け毛や薄毛につながる

頭皮の角栓は毛穴をふさいでしまうため、髪の毛が出てこられなくなります。さらに毛穴に炎症が起きやすくなり、髪の毛をつくり成長させる毛包の働きを低下させます。そのため、育毛、発毛とも阻害され、だんだんと髪の毛が細くなり、抜け毛、そして薄毛につながります。

頭皮から悪臭が発生

頭皮の角栓は、古くなった角質や皮脂のかたまりです。これを放置すると、皮脂が酸化され、頭皮にいる細菌により代謝がはじまり、その過程でニオイ成分「ノネナール」を発生させます。ノネナールは、油臭いニオイを放つ加齢臭の主成分です。角栓は加齢臭の原因にもなるのです。

頭皮の角栓の正しい取り方

頭皮の角栓は、抜け毛、薄毛、そしてニオイにもつながるため、早く除去するに越したことはありません。しかし、無理やりこすったりはがしたりすると、頭皮トラブルの原因になります。角栓は、シャンプー法を中心に、正しく除去していきましょう。

シャンプーは肌質に合わせて選ぶ

まずは、シャンプーを見直します。清潔にしようと洗浄力が強すぎるものを使っていませんか?脂性肌、普通肌、乾燥肌と、頭皮も人それぞれ肌質が違います。乾燥肌の人が洗浄力の強いシャンプーを使うと、皮脂を取り過ぎてしまいます。そのため、自分の肌質に合わせたシャンプー選びが大切になります。選択に悩んだ時は、薬局などで薬剤師に相談してみましょう。

シャンプー前にブラッシングする

髪の毛を濡らす前にブラッシングをします。ブラッシングにより頭皮の汚れやフケ、角栓もはがれやすくなります。

ぬるま湯でしっかり前洗いをする

シャンプーの前に、ぬるま湯で頭皮と髪の毛をしっかり濡らし、よく洗い流します。毛穴が開き、皮脂がやわらかくなり、角栓が落ちやすくなします。

シャンプーは泡立ててから使う

頭皮にそのままシャンプーとつけると、洗い残しの原因になります。手のひらや泡立てネットなどでよく泡立ててから、頭皮全体に広げます。洗う時は、指の腹で円を描きマッサージするように洗うと、角栓が浮きやすくなります。爪を立てたりゴシゴシするのは、頭皮を傷つけてしまうため注意しましょう。すすぎは洗い残しがないよう、しっかり流してください。

頭皮の角栓は正しいシャンプーで除去を!

頭皮は皮脂分泌量が多く、角栓ができやすいところです。頭皮は見落としやすい場所ですが、毎日鏡で観察してみるようにしてください。白いものが見えたり、かゆみが出たりしたら、皮脂が過剰になっているかもしれません。正しいシャンプー法で、角栓を除去し髪の毛の健康を守っていきましょう。

2019.12.10
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事