AGAにキャピキシル!その効果を解説

男性の頭皮ケア

薄毛に悩んでいる人ならキャピキシルについて聞いたことがあるのではないでしょうか?
身体に負担のかかる化学物質が使われていない事から副作用の心配がないとされるキャピキシルですが、詳しく理解している人はまだまだ少ないと感じます。そこで、ここではキャピキシルの成分や効果についてお話致します。

キャピキシルとは

キャピキシルは、カナダの化粧品開発で実績のある会社が開発しました。その成分は植物エキスの「アカツメクサ花エキス」と、アミノ酸の「アセチルテトラペプチド-3」です。主成分が植物エキスとアミノ酸なので、化学物質を使わずに育毛効果があり、身体の負担にならないということで期待が集まっています。

キャピキシルの効果

医薬成分ではないキャピキシルは、どんな効果があるのでしょうか?それはヘアサイクルを整え抜け毛を抑えることと、頭皮環境を整え髪の成長を促すことの2つがあります。こちらで順番に説明していきましょう。

酵素5αリダクターゼを抑制

AGAとはジヒドロテストステロンという物質が原因となって起きます。男性ホルモン・テストステロンが毛根の近くで酵素・5αリダクターゼと結合することでジヒドロテストステロンとなり、髪を育てる毛母細胞を攻撃すると、ヘアサイクルが乱れ抜け毛が増える。これがAGAのメカニズムです。
つまりAGAによる症状を抑えるためには、いかにジヒドロテストステロンを発生させないかが大切になります。キャピキシルに含まれるアカツメクサ花エキスにはイソフラボンが含まれていますが、これが5αリダクターゼの働きを抑制し、テストステロンと結合するのを防ぐことで、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの発生を抑えます。

毛包の機能をアップ

頭皮環境を整える事は、抜け毛を抑えるために大切なのは多くの人が知っていると思いますが、この頭皮環境には、皮脂の分泌にも関わっている毛包の機能を高める事が大切です。
キャピキシルに含まれているアセチルテトラペプチド-3が毛包の働きを高めて皮脂の分泌など頭皮環境の正常化に大きく役立ってくれるのです。これによって、髪の成長を促したり、頭皮の乾燥から炎症が起こるのを防ぐことができます。

副作用の心配が少ない

キャピキシルのメリットとして、副作用がないという事があげられます。もともと副作用は身体にとって異物である医薬品を取り込むことで、免疫系が反応しすぎて起こる体の変化です。しかしキャピキシルは医薬品ではありません。植物エキスとアミノ酸なので、副作用は起きず、身体に負担をかける心配はありません。

まとめ

薄毛に悩む人にとって、育毛剤やサプリメントなど、何を使うかは頭を悩ませます。なぜなら、効果がないだけなら未だしも、副作用があったらと考えると不安になるからです。植物エキスとアミノ酸からなるキャピキシルは、身体の負担にならず、しかもしっかりと効果が期待できる成分が入っているので、頭皮の悩みを解決してくれるでしょう。ぜひ一度お試しください。

2019.10.31
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事