男性ホルモンを増やすとハゲるの? 

男性の頭皮ケア

男性ホルモンを増やすと薄毛になってしまうのか?男性ホルモンと薄毛の関係を解説!
「男性ホルモンが多い人は将来ハゲる」「ハゲている人は性欲が強い」など男性ホルモンがハゲを進行させてしまうかのような噂があります。果たして、この噂は本当なのでしょうか?そこで今回は男性ホルモンと薄毛の関係性について解説していきます。

男性ホルモンの種類

男性ホルモンは骨格や筋肉の発達を促したり、ヒゲや体毛を濃くさせたりと男性らしい体を形成に関わってきます。しかし、男性ホルモンと一口にいってもさまざまな種類の男性ホルモンが存在しています。テストステロン、ジヒドロテストステロン、アンドロステロン、エピアンドロステロン、デヒドロエピアンドロステロン、アンドロステジオンなどを男性ホルモンと呼びます。この全てが頭髪に悪影響を与えるというわけではありません。

男性ホルモンと薄毛の関係

男性ホルモンの中でも薄毛と関係があるのは、ジヒドロテストステロンです。ジヒドロテストステロンはテストステロンが5α還元酵素と結びつくことによって生成します。ジヒドロテストステロンは「脱毛ホルモン」とも呼ばれています。毛髪の元となる毛母細胞の働きを低下させるためにジヒドロテストステロンが増えるにつれて薄毛が進行していくことになります。つまりは、薄毛の対策にはジヒドロテストステロンを増やさないようにすることが重要なのです。

筋トレしても大丈夫?

筋トレをするとハゲるという噂も蔓延しています。しかし、これは事実ではありません。
筋トレをすることで男性ホルモンが増加するには確かですが、この時に体内で増加しているのはテストステロンです。テストステロンは薄毛と直接的に関係がないので、筋トレをしてしまったがためにハゲてしまうということはありません。
また、テストステロンが不足してしまうとハゲる可能性が高くなります。加齢によってテストステロンの分泌量が低下してしまうと体の中では不足したテストステロンを補うような指令が出されます。その指令が出るとジヒドロテストステロンが分泌されてしまうため、ハゲにつながってしまうのです。つまり、テストステロンの分泌量低下によってジヒドロテストステロンの分泌亢進が起こってしまうのです。そのため、生活習慣の中に運動を取り入れてテストステロンを低下させないことが重要といえるでしょう。
しかも、筋トレには血行の促進やストレスの解消にもなるため、むしろ薄毛を気にしている方こそ行うべきでしょう。

テストステロンを減らしてしまうNG行為

テストステロンを増やすには筋トレや運動などをするのが一番ですが、せっかく増えたテストステロンを減らさないようにすることも重要です。
テストステロンを減らしてしまう生活習慣に飲酒と喫煙が挙げられます。規則正しい生活習慣を送っていても飲酒と喫煙によってテストステロン値は減少してしまいます。禁酒、禁煙をすることが薄毛の改善につながっていくのです。

2019.09.30
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事