AGA治療の費用はどれくらい?助成制度は使える?

AGA治療
NEW

AGA治療を受けたいけれど、費用がどれくらいかかるか不安…と思っていませんか?
AGA治療は自由診療にあたるため、医療機関によって費用は異なりますし、全額負担になります。
今回は治療法ごとに治療費の目安をご紹介します。
また、治療費や薬の費用が医療費控除やセルフメディケーション税制の対象になるのかについてもご紹介します。

AGA治療は自費診療

AGA治療は保険適応外の自由診療にあたります。
そのため、他の3割負担の皮膚疾患に比べて自己負担額は高額になります。
また、自由診療の費用はクリニックによって自由に設定できますので、受診する医療機関によって治療費は異なります。
最近はウェブページに費用を掲載している医療機関もありますので、下調べをしてから受診すると安心ですね。
一方、脱毛の原因がAGAではないケースもあります。
脱毛の原因によっては保険診療で受診出来ますので、その場合は3割負担で治療を受けることになります。

AGAの治療費は治療法によって大きく異なる

AGA治療時には医療機関を受診しますので、初回の受診には初診料がかかります。
初診料は3000円程度で設定している医療機関が多いようです。
一方、医療機関によっては初診料を無料にしているところもあります。
初診料に加えて、治療にかかる費用が上乗せされます。
現在のAGA治療は投薬治療が主流ですが、他にも植毛などの治療法も行われており、治療法によって費用は様々です。
また、投薬治療でも処方される薬によって費用は異なります。

薬による治療は月々6000円から1万5000円程度

現在、AGAの治療には様々な飲み薬や塗り薬が利用されています。
どの種類の薬が処方されるか、その薬がジェネリック医薬品かどうかで費用は変わってきますが、1ヶ月あたり6000円から1万5000円程度のことが多いようです。
通院の頻度は1ヶ月に1回が主流ですが、3ヶ月に1回や半年に1回に設定している医療機関もあります。

植毛の費用は50万円から200万円ほどで、メンテナンスが必要なことも

植毛は即効性のあるAGAの治療方法です。
自分の髪を移植する自毛植毛と、ナイロンやポリエステルで作られた人工的な毛を植える人工植毛があります。
自毛植毛は拒絶反応が起こる心配がなく、植毛後のメンテナンスがほとんど必要ありません。
一方人工植毛では拒絶反応のリスクがあり、定期的なメンテナンスが必要になります。
費用は、どれくらいの毛を植えるのか、その後のメンテナンスが必要かどうかによって大きく異なり、50万円から200万円ほどになります。

育毛メソセラピーやHARG療法は、内容によって大きく異なる

育毛メソセラピーやHARG療法は、育毛成分や栄養を頭皮に直接注射で投与する方法です。
医療機関によって注射の中身は異なっており、医療機関や患者さんの体質によって効果の現れ方に差が出る可能性があります。
治療期間は半年程度で、1ヶ月に1回程度医療機関で注射を受けるように設定している医療機関が多いです。
費用は受診する医療機関によって1回あたり1万5000円~8万円と大きく異なります。

AGA治療は助成を受けられる?

AGA治療は費用が高額になるため、助成が受けられると助かりますよね。
医療機関でのAGA治療費は、医療費にあたりますので医療費控除の対象になります。
生計を一緒にしている家族の1年間の医療費が10万円を超えると控除の対象となり、払いすぎた税金の一部を還付してもらうことが出来ます。
ただし、会社でしてもらう年末調整とは別に、確定申告を自分で行わなければならないので注意してくださいね。

セルフメディケーション税制の対象ではない

セルフメディケーション税制とは平成29年に始まった医療費控除の特例のことです。
ドラッグストアで個人的に購入した医薬品のうち、国が指定したものについては所得控除を受けることが出来ます。
しかし、ドラッグストアで購入できる発毛・育毛剤はセルフメディケーション税制の対象になっていないため、この制度は利用できません。

まとめ

AGA治療の費用についてご紹介しました。
選ぶ治療法によって費用は大きく異なりますし、治療を継続することでAGAの改善を見込めます。
主治医とよく相談して長く続けられる治療法を決めてくださいね。

2019.09.07
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事