おでこの生え際は大丈夫?気になり始めたら知っておくべきポイント

薄毛・発毛基礎知識

「おでこが広がっている?」生え際が気になりだすと、薄毛の進行が不安になりますね。薄毛のパターンは人それぞれで、その原因もまた違います。その中でも多い、生え際の薄毛について、ここでは原因と対策をお話致します。

生え際の薄毛、3つの原因

まずはなぜ抜けるのか、原因が分からないと対策が出来ません。生え際の薄毛にも3つの原因が考えられます。

AGA

AGAは「男性型脱毛症」と言い、男性ホルモンや遺伝による進行性の脱毛症の事を言います。M字・O字・U字のパターンがあり、生え際や頭頂部から薄毛になるという特徴があります。AGAは自然に治ることはなく、医師に相談し正しい処置をとる必要があります。
ちなみに女性は関係ないというわけではありません。「女性男性型脱毛症(FAGA)」と言い、女性ホルモンの減少などが原因で起こる女性のAGAもあります。

生活習慣
タバコやお酒はも

ちろん、偏った食生活や睡眠不足、または過度のストレスなども薄毛の原因になります。
生活習慣の乱れは、頭皮の血流を悪くし髪に十分な栄養が届かなくなります。その結果、ヘアサイクルが乱れてしまうので、思い当たる人は注意が必要です。

頭皮環境が悪い

頭皮環境は言わば「畑」です。畑がちゃんとしていないと作物が育たないのと同じように、頭皮環境が整っていないと髪は育ちません。炎症や皮脂の過剰分泌、または逆に乾燥、などの頭皮トラブルがあると髪が育ってくれません。その原因として、「髪の洗い方が間違っている」、「シャンプーが合わない」、「カラー剤などの刺激」などがあります。

どうすればいいの?対策は?

では生え際が気になりだしたら、どうすればいいのでしょうか。自分で出来る対策がこちらです。

頭皮のマッサージ

頭皮マッサージは、頭皮の血行を良くして頭皮環境を整えてくれます。爪を立てず、指の腹でゆっくり大きく頭皮を動かすようにマッサージしましょう。

洗髪を考えよう

まずはシャンプーの種類です。乾燥肌タイプか、脂性肌タイプなのかでも選ぶシャンプーは違うし、刺激も強すぎないものを選ぶのも大切です。

生活習慣の見直し

これはもちろんですね。上記で上げたような生活習慣の乱れがあるようでしたら、ヘアサイクルを整える為にも、見直しましょう。

育毛剤を使う

炎症を抑える「グリチルリチン酸カリウム」や、「ジフェンヒドラミンHCI」、血行促進の効果がある「センブリエキス」など、育毛剤によって入っている有効成分が違います。人によって合う合わないがあるので、専門の医師に相談してから使用するのが良いでしょう。

まとめ

生え際が薄くなり、おでこが広がっていくと、毎朝の洗面所でも気になってチャックせずにはいられません。でもいくらチェックしても薄毛は改善しませんよね。薄毛の原因はそれほど多くはないので、正しい原因を知ることはそれほど難しくないでしょう。そこまで行けば正しい対策も出来ますよね。
おでこの生え際は気になりやすい所だからこそ、ちゃんとした対策をとりましょう。

2019.09.20
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事