ミノキシジルタブレットの副作用は重い!命に関わるケースも!

薄毛・発毛基礎知識

日本でミノキシジルは、発毛・育毛の外用薬(塗り薬)として製造・販売が許可されていますがミノキシジルタブレット(飲み薬)は承認されていません。
せっかく効く薬なら、飲み薬で体の中からも作用を発揮させたいと思いますよね。
しかしミノキシジルタブレットにはあなたの命に関わるような副作用があります。
今回はミノキシジルタブレットの副作用と危険性についてご紹介します。

ミノキシジルは発毛・育毛だけじゃなく血圧を下げる効果もある

ミノキシジルは元々血管を広げ、血圧を下げる薬として使われていました。
しかし「ミノキシジルを服用した患者さんの全身で毛が多くなる」という副作用が多発したため、頭皮に対する発毛促進剤として臨床試験が行われました。
臨床試験の結果、有用性が認められ、現在は発毛・育毛の薬としても製造・販売されています。
日本では、ミノキシジルは塗り薬のみが販売されており、ミノキシジルタブレットは承認されていません。
一方、海外ではミノキシジルタブレットを血圧の薬として承認し、販売している国もあります。

塗り薬よりも飲み薬の方が効果も副作用も大きい

皮膚から薬の成分を浸透させる塗り薬に比べ、体の中に直接薬の成分を入れる飲み薬の方が、得られる効果は大きいです。
しかし、その分副作用も大きく出てしまいます。
ミノキシジルも、内服薬の方が発毛・育毛効果が期待できますが、その分副作用が重くなってしまいます。

ミノキシジルタブレットの副作用は血圧低下!そこから命に関わることも

ミノキシジルには血圧を下げる効果もありますので、低血圧に伴う副作用が起こりえます。
血圧が下がりすぎるとふらついて転倒し、思わぬ大怪我につながることもあります。
また、様々な臓器で酸素不足に陥り、多臓器不全や死に至る可能性もあります。

未承認の薬で副作用が起こっても、国は助けてくれない

ミノキシジルタブレットを入手するには個人輸入をすることになります。
日本で承認されている薬で重い副作用が起きた場合は「医薬品副作用被害救済制度」という公的制度で医療費や年金などの給付を受けることできます。
しかし、未承認の薬で起きたトラブルについては、自己責任です。
そのため、ミノキシジルタブレットを服用して副作用が起こっても、この制度を利用することはできません。

まとめ

ミノキシジルは発毛・育毛効果が大きく、日本でも発売当初は爆発的人気となりました。
しかし、元々は血圧を下げる作用のある薬ですので、正しく服用しなければ血圧が下がりすぎてしまい、あなたの命に関わることもあります。
こうした理由から、日本ではミノキシジルタブレットは未承認になっています。
世界にはミノキシジルタブレットを承認し、販売している国もあります。
このような国から個人輸入でミノキシジルタブレットを入手することは可能ですが、何が起きても自己責任になります。
髪のために命を落としては、元も子もありません。
ミノキシジルタブレットの個人輸入はやめ、塗り薬の使用したり、皮膚科・専門外来での診察を受けたりしましょう。

2019.07.26
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事