AGAになったかも。AGAはセルフチェックが重要!

AGA治療

数年前に撮った自分が写っている写真を見て「この頃より髪の毛が少なくなったな」「そういえば、最近抜け毛が多いな」と感じた経験がある方も多いかと思います。数年前の自分と比較した時に頭髪が気になりだしたらAGAになっている可能性があります。AGAは男性であれば誰にでも起こり得ることです。そのため、まだ進行が進んでいない早い段階から対策していくことが重要になります。自分がAGAになっているか気付くにはセルフチェックをしていく必要があります。そこで今回はAGAのセルフチェックについて解説していきます。

早期発見が重要!

まず、AGAは病気であるという認識を持ちましょう。AGA治療薬はさまざまな製薬会社から開発されているので、れっきとした病気なのです。また、日本皮膚科学会もAGAとは「男性型脱毛症(male pattern hair loss,androgenetic alopecia)は思春期以降に始まり徐々に進行する脱毛症である」とはっきり定義づけしています。
がんや心筋梗塞など他の疾患と同じようにAGAは病気なので、早期発見、早期治療が原則となります。早期発見にはセルフチェックが欠かせません。AGAのセルフチェックを行って自分の頭髪、頭皮の状態を把握しましょう。

セルフチェックはどうやって行うのか?

AGAのセルフチェックの方法を大きく分けて2つあります。
まずは、最も簡単な方法であるチェックシートによるセルフチェックです。現在のストレスの状態や食生活、睡眠状態などをチェックしていきAGAの可能性があるのか判断していきます。チェックシートにてAGAの可能性が高いと判断されたら、生活習慣の見直しやクリニックの受診などの決断を迫られることになります。
もう1つはAGA遺伝子検査キットを用いたセルフチェックです。AGAは遺伝的要素と環境的要素の両方が関わってきます。そのため、自分が薄毛になりやすい遺伝子を持っているのか知っておくことは重要なことです。そのような遺伝子を持っていた場合にも必ずAGAになるというわけではありません。自分の遺伝子について把握しておくことが今後どのような対策をしていくのかということの指標になるのです。

早期発見したらすぐに予防と治療をしよう

セルフチェックで自分にAGAの可能性があることを知ったら行動に移りましょう。
最も簡単なAGAの対策は生活習慣の見直しです。現在の生活習慣を見直して食事のバランスや運動、睡眠の状態を改善していきましょう。それだけでAGAが改善される可能性もあります。そのような生活を数カ月過ごしてみてから、数ヶ月後に再びセルフチェックをしてみると良いでしょう。そこ結果次第で次の対策が変わってきます。
生活習慣を見直してみたけれど、全く変化がなく、むしろAGAが進行してしまっているという方はAGAクリニックを受診しましょう。AGAクリニックでは現在の頭髪の状態を確認して適切な治療方法を提示してくれます。薬物治療も可能なので、生活習慣の見直しと平行して行っていくことでかなり高い確率でAGAの悩みを解決することができるでしょう。

2019.07.14
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事