女性の薄毛は5タイプある!原因は女性ホルモンの減少?

女性の頭皮ケア
NEW

最近は、男性だけでなく女性の薄毛の悩みも多くなってきています。「髪のボリュームが減ってきた」「髪の毛が細くなってきた」など、成人女性の2人に1人は、薄毛を気にしているとの報告もあります。女性薄毛の原因はさまざまあり、現れる症状により大きく5つのタイプに分けられます。美しい髪の毛は女性の象徴でもあるため、女性の薄毛の悩みは男性とは違った意味で深刻かもしれません。 今回は、女性の薄毛のタイプと、薄毛の主な原因である女性ホルモンについて解説していきます。

女性の薄毛5タイプ

まずは、女性の薄毛に多く見られる5タイプをご紹介します。

びまん性脱毛症

特定の部分ではなく、頭髪が全体的に薄くなっていく脱毛症で、女性の薄毛の中で最も多いタイプです。髪の毛のボリュームがなく、地肌が透けて見えるようになるため、老けた印象を与えます。30代後半から見られはじめ、中年以降で増えていきます。加齢による毛包の機能低下、無理なダイエットによる栄養不足や女性ホルモンのバランスの乱れ、ストレス、パーマやカラーリングによる頭皮への刺激などが原因になります。

FAGA(女性男性型脱毛症)

頭頂部が薄くなるAGA(男性型脱毛症)は女性にも見られ、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。40代頃から女性ホルモンの分泌量が減ってくると、体内の男性ホルモンの働きが強く現れます。そのため、男性と同じように男性ホルモンのテストステロンと、頭皮に存在す5αリダクターゼが結合し「ジヒドロテストステロン」が生成され、髪の毛の成長を阻害するのです。FAGAは、男性のように頭頂部や前頭部の薄毛という特徴はなく、頭全体の髪の毛が細くなっていきます。だんだんと髪の分け目が広がっていき、進行すると頭頂部の薄毛が目立ってきます。

分娩後脱毛症

女性に特有の脱毛症です。女性は、妊娠・出産で女性ホルモンのバランスが大きく変動します。妊娠中は、女性ホルモンが多く分泌されているため、髪の毛の健康が保たれていますが、出産後は急に女性ホルモンの分泌が減ってしまいます。そのため、髪の毛の成長も阻害され、脱毛しやすくなります。出産後に髪の毛がごそっと抜けたと、心配する女性は多くみられます。しかし、半年~1年くらいでホルモンの分泌が元に戻ると、髪の毛の健康も回復していきます。

ひこう性脱毛症

フケや頭皮のかゆみ、赤みと同時に、抜け毛が増える脱毛症です。フケが多く発生することで毛穴をふさぎ、髪の毛をつくる毛包の働きが低下し脱毛していきます。女性では、皮脂の分泌が増える思春期~20代多く見られます。ほかにも肌に合わないシャンプーや整髪剤の使用、パーマやカラーリングなどの刺激でフケが増え、脱毛につながることもあります。正しいヘアケアを心がけ、頭皮に炎症がある場合は皮膚科を受診することが、解決への早道です。

牽引性脱毛症

髪の毛を結んだり、引っ張った状態を長く続けることで起こる脱毛症です。髪の毛が引っ張られることで頭皮の血流が悪くなり、毛包に栄養がいかなくなるため抜け毛が起こります。ポニーテールや、エクステの装着などをひんぱんにする女性に多くみられます。長く同じ分け目をしている場合でも、起きやすくなります。改善するには、同じヘアスタイルや分け目を避け、髪の毛と頭皮の負担を減らすことが大切です。

女性の髪を守る女性ホルモンの働き

女性ホルモンはその名の通り、女性らしさをつくり出すホルモンです。そのため、髪の健康にも大きく関わっています。

女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」

女性ホルモンは2種類あります。「エストロゲン」は、肌や髪の毛にうるおいを与え、骨や血管をしなやかに保つほか、脳や自律神経にも作用し、女性の心と体の健康を促すホルモンです。「プロゲステロン」は、妊娠に備えるホルモンで、子宮環境を整えたり、体内の水分を維持する働きをします。この2つのホルモンがバランスを取りながら、女性の体を守っているのです。

髪の毛の健康は「エストロゲン」が関与

2つのホルモンのうち、髪の毛に大きく影響を当たるのはエストロゲンです。エストロゲンの髪の毛に対する働きは、次の通りです。

  • ・髪の毛の成長を促進する
  • ・ヘアサイクルを整える
  • ・髪の毛にハリ、コシ、ツヤを与える
  • ・頭皮の血流を促す

このようにエストロゲンが十分分泌されていると、髪の毛は美しく健康になります。しかし、残念ながらエストロゲンは、20代後半をピークに減り続けていきます。そして、閉経を迎える40代後半以降になると急減し、体のほてりやイライラ感など、女性の心と体にさまざまな影響を及ぼします。髪の毛では成長が停滞し、髪の毛が細くなったり抜けやすくなり、薄毛が引き起こされます。

エストロゲンが減る原因は?

エストロゲンは、年齢とともに減っていきますが、若い女性でもエストロゲンが減ったり、プロゲステロンとのバランスが崩れることがあります。その原因には、ストレス、無理なダイエット、偏った食生活、生活習慣の乱れなどが挙げられます。薄毛を防ぎ、美しい髪の毛を保つためには、ストレス管理、バランスの良い食事、十分な睡眠などがとても大切になります。

薄毛のタイプを知り対策を!

女性の薄毛は、ホルモンバランスが大きく関与しています。加齢だけでなく、分娩後や無理なダイエットなど、若い女性でも女性ホルモンの減少による薄毛が起こることもあります。薄毛になってきたと思ったら、食生活や生活習慣を見直すことが大切です。そして、シャンプーのし過ぎなど間違ったヘアケアをしていないか、頭皮に異常はないかなどもチェックし、薄毛を予防し、健康で美しい髪の毛を実現させましょう。

2019.07.05
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事