頭頂部の薄毛が気になる!ハゲる原因を知り早めの対策を!

薄毛・発毛基礎知識

「抜け毛が気になる」「頭頂部が薄くなってきた」と悩んでいませんか?これらは、AGA(男性型脱毛症)の代表的な症状です。AGAはゆっくりと進行していくので、気づいた時にはかなり脱毛していた、ということが多く見られます。そのため、AGAの進行を食い止めるには、早めの対策が必要になるのです。ここでは、頭頂部がハゲてくるAGAの発症原因と、効果的な対策についてご紹介していきます。

AGAとは?

頭頂部がハゲてくるAGAの特徴や症状を見ていきましょう。

ヘアサイクルが短くなる

髪の毛にはヘアサイクルがあり「成長期、退行期、休止期」の3つのステージが繰り返されています。通常、成長期は2~6年、退行期は約2週間、休止期は3~4ヶ月です。AGAでは、髪の毛の成長期が通常より短縮され、数ヶ月~1年になります。そして、そのまま退行期、休止期へ移行するため、短期間で脱毛してしまうのです。髪の毛自体も、太くしっかり伸びる前に成長が止まってしまうため、細く短い髪の毛になり、どんどん抜け落ちていきます。

頭頂部や前頭部が脱毛する

AGAは、男性ホルモンが強く影響しています。その受容体が頭頂部や前頭部に多く分布しているため、その部分が脱毛しハゲていきます。

発症する年齢

20代後半~40代後半の男性に多く見られます。女性も閉経後に女性ホルモンが減り、男性ホルモンの影響を受けやすくなると、同じように脱毛が見られます。

AGAの3大原因

AGAの原因としては、次の3つがあげられます。

男性ホルモンの影響

男性ホルモンであるテストステロンは、頭皮にある酵素「5αリダクターゼ」により、「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換されます。
頭皮にはDHT受容体が広く分布しており、そこでDHTと受容体が結合すると、髪の毛をつくる毛母細胞の分裂を抑制し、髪の毛の成長を阻害します。そのため、ハリやコシのない髪の毛になり、脱毛が早まり薄毛になっていきます。

遺伝の影響

頭頂部がハゲるのは、遺伝的要因も強いと言われています。AGAは、遺伝的に男性ホルモン受容体が多い場合や、5αリダクターゼが多い場合 などに発症する傾向があります。

頭皮の血行不良

髪の毛は、毛母細胞が分裂することで増えていきます。しかし、毛母細胞に栄養を与える毛細血管の血行が悪いと、酸素や栄養が行き届かなくなります。その結果、髪の毛が成長せず薄毛となり、進行するとハゲてきてしまいます。
血行不良になる原因には、次のことが挙げられます。

  • ・メタボリックシンドロームや動脈硬化
  • ・食生活の乱れ
  • ・睡眠不足、生活の乱れ
  • ・喫煙
  • ・ストレス

これらは、血管を収縮させることにつながり、血行不良を助長します。頭頂部の薄毛が気になりだしたら、該当項目がないかもよく確認する必要があります。

頭頂部の薄毛対策

頭頂部の薄毛対策は、早ければ早いほど、改善が期待できます。 対策には、内服薬のほか、日常生活の改善なども必要になります。

治療薬の使用

最も効果が期待できるのは、AGA治療薬です。内服薬には、5αリダクターゼの働きを抑える「プロペシア」「ザガーロ」、外用薬には、頭皮の血行を促す「ミノキシジル」などが代表的です。ほかにも、発毛に有効なビタミン成分、頭皮の殺菌成分、角質軟化に有効な成分など、症状に合わせて処方してもらえます。

日常生活の改善

発毛を促すには、頭皮の健康が第一です。前述のように、頭皮はさまざまな原因により血行が悪化し、栄養状態が低下していきます。日常生活では、次のことに気をつけながら生活習慣を改善し、頭皮の血行を促していきましょう。

  • ・バランスの良い食事を摂る
  • ・髪の栄養に必要なアミノ酸、亜鉛、ビタミンを意識して摂る
  • ・禁煙に努める
  • ・適度な運動をする
  • ・ストレスを発散する

栄養をしっかり摂り、健康的な生活を心がければ、体の調子が良くなるのが分かると思います。その際、同時に頭皮のコンディションも向上しているのです。

頭皮のマッサージ

頭皮のマッサージも血行改善に有効です。また、硬くなりやすい頭皮を柔らかくし、育毛環境を整えることにもつながります。

<マッサージの方法>

  • ・両手の指を広げ、頭皮に密着させる
  • ・そのまま頭皮を中央に集めるイメージで、頭皮を動かす
  • ・約1分間、頭皮をほぐすようにマッサージをする
  • ・最後に中指を頭頂部に密着させ、数秒指圧する
  • ・5~6回繰り返す

頭皮マッサージは、ストレス軽減やリラックス効果もあります。毎日の習慣にしてみましょう。

育毛剤の使用

育毛剤は、血行促進、殺菌、毛母細胞の活性化などに効果のある有効成分を配合しています。商品により配合されている成分が異なるため、薬局で購入する際は薬剤師に相談し、自分の症状に合うものを選びましょう。
使うタイミングは、入浴後が最適です。毛穴が開き血行が良くなっているので、頭皮への浸透が促され、より効果が期待できます。

肥満や生活習慣病の改善

メタボリックシンドロームや生活習慣病は、AGAとの関連が指摘されています。健診などでメタボを指摘されていませんか?同時期に頭頂部の薄毛が始まったら、関連性は高いと言えます。
病院で兆候がないかチェックし、治療が必要な場合は、しっかり治しましょう。

頭頂部をハゲる前に防ごう!

頭頂部がハゲてくるAGAは、早めの対策が大切です。生活習慣の乱れやストレス、メタボなども発症する原因になります。
頭頂部の薄毛が気になってきたら、太ってきていないか、睡眠不足はないか、ストレスはたまっていないかなど、体の調子や生活全体をチェックしてみてください。セルフケアで改善が見られない場合は、速やかに医療機関を受診することをおすすめします。

2019.05.21
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事