薄毛に悩む全ての人へ!知っておくべきプロペシアの初期脱毛

頭皮・髪のトラブル

薄毛に悩む人なら一度は考えたことがあるAGA治療。「本当に効くのかな?」、「副作用は大丈夫なの?」と不安も当然あるでしょう。
興味があり調べている人なら、AGA治療によく使われるプロペシアには副作用で初期脱毛が起こる事も知っているかもしれませんね。でもプロペシアの使用による初期脱毛は決して悪いことではないのです。
ここでは、薄毛に悩む人のために、プロペシアの初期脱毛について詳しくお話致します。

プロペシアとは

プロペシアは前立腺肥大の治療に使われていたフェナステリドに発毛効果や抜け毛の防止効果があることから研究され作られた、AGA(男性型脱毛症)の治療薬です。
プロペシアには、ヘアサイクルを乱し抜け毛を増加させるなど、AGAの原因とされるジヒドロテストステロンの働きを抑制する効果があります。
しかし、プロペシアの副作用に服用初期の脱毛が見られることがあり、これを初期脱毛と言います。

ヘアサイクルとは

プロペシアの初期脱毛にはヘアサイクルが関わっています。まずはヘアサイクルについて知っておきましょう。
ヘアサイクルとは、一言で言えば髪の成長リズムです。
髪が成長する『成長期』が4〜6年、その後は数カ月間の成長が止まる『休止期』となり、抜け落ちていく『退行期』が2〜3週間。というリズムがありますが、AGAではこのリズムが乱れる事で薄毛になります。

プロペシアの初期脱毛

メカニズム

AGAはジヒドロテストステロンによってヘアサイクルが乱れ、髪の成長期が短くなります。プロペシアを服用することで、このジヒドロテストステロンを抑制し、乱れたヘアサイクルを一度リセットし正常化します。するとこの時に早く新しい髪を出そうとするので、古い髪を一気に押し出すのです。これが初期脱毛のメカニズムです。
つまり、初期脱毛が起こるということはプロペシアが効いているという証拠でもあるのです。

初期脱毛の期間

初期脱毛がプロペシアの効果を意味していると言っても、その期間や程度が分からないと不安になりますよね。
一般的にはプロペシアを飲み始めてから1〜2週間で初期脱毛が起こると言われています。これはヘアサイクルをリセットさせ新しい髪が成長期に入る期間です。
その後、初期脱毛は短い人で1〜2週間、長い人で1〜3ヶ月続きますが、これには個人差があります。
人によっては3ヶ月以上続くこともありますが、この場合は他の原因も考えられるので、プロペシアを処方してもらった病院で一度相談するのが良いでしょう。

対策はあるの?

一時的にとは言え、抜け毛が増えれば不安になると思います。そんな時に育毛剤や外用薬、サプリメントで対策しようとする人もいますが、残念ながらプロペシアの初期脱毛にこれらはあまり効果ありません。
大切なのは新しく生えてくる髪をしっかりと育てることです。そのためにはバランスのとれた食生活、アルコールやタバコをひかえる、しっかりと睡眠を取るなど規則正しい生活こそ大切になります。

まとめ

AGAの治療で逆に抜け毛が増えたら誰だって驚くし不安になるものです。でも正しい知識を持つことで解消される不安もあるし、適切な対処も出来ることでしょう。
薬には副作用が必ずあるので、それらをしっかりと知った上で慌てずにAGAを治していきましょう。

2019.05.02
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事