びまん性脱毛症は女性に多い!1人で悩まず適切なケアを!

女性の頭皮ケア
NEW

脱毛や薄毛というと男性の病気というイメージがありますね。
しかし実はこれらの現象は女性にも起こります。

女性に多いのは「びまん性脱毛症」という頭全体の髪が少なくなる病気で、髪のボリュームが減ったり、髪の隙間から地肌が透けて見えたりするなどの症状が現れます。
今回は、びまん性脱毛症で現れる症状や原因、改善方法についてご紹介します。

びまん性脱毛症は、頭全体の髪が少なくなる病気

「びまん性」とは医療の分野で「広範囲に広がる」という意味で使われる言葉です。
びまん性脱毛症は、頭の一部の髪が抜けるのではなく、頭全体の髪が抜ける状態を言います。

そのため次のような変化が現れます。

  • 髪のハリやコシが無くなり、ボリュームが減る
  • 分け目やつむじが目立つ
  • 髪の隙間から地肌が見える

びまん性脱毛症は女性に多い

びまん性脱毛症は男性にも女性にも起こりうる病気ですが、女性に多い病気です。
40代以降の女性で多く発症しますが、最近は20代から30代の女性の患者さんもいます。

びまん性脱毛症は2つに分類されている

びまん性脱毛症は次の2つに分類されます。

女性ホルモンの減少が原因と考えられる「FAGA(女性の男性型脱毛症)」

薄毛に悩む女性の約半数はFAGAと言われています。
FAGAが起こるメカニズムはまだ詳しく解明されていませんが、女性ホルモンと男性ホルモンが関与していると考えられています。

ここで、男性のAGAについて少しご説明しますね。
男性のAGAは、男性ホルモンである「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素に分解され、DHTという物質が出来ることで起こります。

一方女性の体内には、男性ホルモンも少し存在するのですが、若いときは女性ホルモンの作用のおかげで抜け毛の症状はみられません。
しかし、年齢を重ねると、体内の女性ホルモンが少なくなります。

女性ホルモンが減ると、相対的に男性ホルモンが多くなってしまいます。
相対的に男性ホルモンが多くなってしまうことで、女性であっても髪が抜けやすくなるという現象が起こるのです。

生活習慣の乱れが原因と考えられる「ヘアサイクルの乱れ」

私たちの髪は、常に成長しているわけではありません。
髪は成長期→退行期→休止期→脱毛→成長期…というサイクルを繰り返し、伸びては抜け、を繰り返しています。

生活習慣が乱れるとこのヘアサイクルも乱れ、十分な成長期を過ごさぬまま休止期に入ってしまいます。
その結果、髪1本1本が弱々しくなり、さらに早く抜けてしまいます。
ヘアサイクルが乱れる原因はまだよくわかっていませんが、次のような生活習慣がヘアサイクルを乱すと言われています。

  • ストレス
  • 偏食やダイエット
  • 髪の洗いすぎや洗わなすぎ
  • 洗浄力の強すぎるシャンプーの使用
  • カラーやパーマを繰り返す

びまん性脱毛症の改善には皮膚科や脱毛専門外来の受診を

上記の原因を排除したり改善させたりすることで、びまん性脱毛症は改善できる可能性があります。

しかし、びまん性脱毛症の原因はまだはっきりとわかっていないことも多いです。
ですから、セルフケアだけでなく、医療機関の力を借りるのも改善のためには有効です。

医療機関では原因を調べてから治療をしてくれるので、セルフケアよりも効果を実感しやすくなります。
さらに、なるべく早い段階で受診することで治療効果も得られやすいです。

受診する際には、皮膚科や脱毛専門外来を受診しましょう。
最近は女性専用の脱毛専門外来もあります。
こちらではよりあなたに合った治療をしてもらえますよ。

まとめ

びまん性脱毛症は女性に多い病気です。
女性の脱毛は男性に比べて相談しづらく、1人で悩んでしまう患者さんがたくさんいます。

しかし、病院できちんと診察を受け、正しい治療を受ければ改善される可能性もあります。
1人で悩まず、ぜひ医療の力も借りてみてください。

また、乱れた生活習慣や正しくないヘアケアも脱毛の原因になります。
規則正しい生活習慣を心がけましょうね。

2019.04.12
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事