フィンペシアの偽物は危険?!本物と見分ける方法とは?

AGA治療

男性型脱毛症(AGA)の治療薬として処方されているプロペシアと同等の有効成分フィナステリドが配合されているフィンペシア。

プロペシアを入手するには病院に行って医師の診察を受け、処方してもらう必要がありますがこれは想像以上にハードルの高い作業ですよね。

まず病院に行くこと自体を少し躊躇してしまう人もいるかもしれません。

さらに初回の来院をクリアしたとしても、薄毛治療は短期で結果の出るものではありませんので病院に何度も通う必要がありますし、そのたびに、医師の診察を受けるのは時間と手間がかかります。

コストの面でも、薄毛治療は保険適用外なので、長期にわたる薬の服用は経済的な負担も大きくなります。

そこで注目されているのが個人輸入の利用というもの。

プロペシアのジェネリック医薬品的な位置づけで販売されているフィンペシアを個人輸入すると医師の処方なしにプロペシアの1/3~1/8ほどの値段で購入できます。

しかし、それだけにリスクもあり、個人輸入によって手に入れたフィンペシアの中には偽物があると言われています。

フィンペシアの偽物とは

まず知っておくべき事は、フィンペシアに限らず、薬の個人輸入では偽物が混ざっている可能性があるということ。

日本にいると薬に偽物が存在するという感覚はあまりないですが、世界的にみると偽物の流通量は本物を超えているともいわれています。

この偽物とは恐ろしいもので、本物を砕いて別の粉を加えて固めたものや、似た化学式の物質を加えたもの、さらには体に害のある物質を混ぜたものまであり、不衛生な工場で作られているものも少なくありません。

体に効果があるどころか悪影響を及ぼす可能性まであると考えるとぞっとしますね。

では偽物を見抜く方法はあるのでしょうか?

まず、外観ですが、多くは本物をまねたパッケージに入っており、素人にはわからないレベルのクオリティがほとんどです。

中身についても、偽物はいろいろなものが混ぜられて作られているということから半分にすると崩れてしまう、という噂もありますが、これだけで見抜くのは正直なところ難しいでしょう。

そうなると大切なのは偽物を最初から買わないようにするということが重要になります。

正規のフィンペシアを購入するには?

20888304_ml

まずは、海外のサイトで直接個人輸入をせず、日本法人の個人輸入代行業者を使うことが安心してフィンペシアを入手する方法です。

偽物の多くは流通段階で混入されます。
大手の代行業者ではメーカーと直接取引しているところが多いので、偽物が混ざってしまう確率は少なくなります。

さらには人気のある代行業者を使えば新しい在庫を手に入れることができ、日本法人であれば支払いもある程度安心して行うことができます。

それでも不安?フィンペシアを利用するには

信頼できる個人輸入代行業者からフィンペシアを入手したとしても服用する際にも注意すべき点がたくさんあります。

本来、フィンペシアもプロペシアと同じ薬効なので、医師が服用指導、経過観察などを行いながら処方されるべき薬。

それを省いて値段の安さを選んでいるのですから、何かあったとしても自己責任となります。

また、フィンペシアはプロペシアと同じ成分なので、プロペシアで効果の出ない人はフィンペシアでも効果が出ないと言えますので、最初は病院で医師の診察を受けたうえでプロペシアを服用し、満足いく結果が得られた場合のみフィンペシアの利用を考えていくのがいいのではないでしょうか。

さらに2015年より日本でもプロペシアのジェネリックであるフィナステリド錠0.2mg/1㎎「ファイザー」も販売が始まり少し安価に処方を受けられるようになりました。

初めて治療薬を飲む、個人輸入に不安がある、医師の指導を受けたい、という人はやはり病院での処方が安心かもしれませんね。

2016.01.25
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事