育毛サロン「バイオテック」徹底解析!サロンに通って薄毛を治すとはどんなサービス?

育毛剤・シャンプー

育毛のために利用する育毛剤やシャンプー、AGA治療薬に並び、注目を集めているのが育毛サロン。

「バイオテック」もそんな育毛サロンの一つですが、育毛サロンに馴染みのない方にとっては、「サロンに通って薄毛を治す」というのはなかなかイメージが湧きづらいかもしれません。

そこで育毛サロンとはどんなサービスなのか、「バイオテック」の特徴、サービス内容から評判まで徹底的にリサーチしてみました。
バイオテック公式サイト

「脱毛予防」と「発毛・育毛促進」両方を狙ったサービスが特徴

育毛サロンの「バイオテック」では北海道から九州まで日本全国にサロンを展開。

昭和60年に創業、10万人以上の実績と長く運営されているうえに実績も豊富、カウンセラーに髪や頭皮について相談できるので安心とネットでの口コミでもそこそこ評判が高いようです。

バイオテックで受けられるサービス

薄毛の様々な原因に合わせた発毛・育毛サービスをカスタマイズしているようですが、基本的には、まずは脱毛を予防する、さらに発毛・育毛をしていくという両面からのアプローチが中心です。

脱毛を予防するAGA治療の王道的なアプローチ

男性に起きる薄毛の殆どでAGA男性型脱毛症でが、この脱毛症は男性ホルモンのテストステロンが還元酵素の5αリダクターゼと結びついて、毛髪の成長期を短くするジデヒドロテストステロンへと代謝されることが原因となっています。

5αリダクターゼは頭皮下にある毛乳頭細胞にあり、男性ホルモンのテストステロンが血管を通して毛乳頭細胞まで運ばれることで結合する仕組みとなっています。

「バイオテック」のサービスでは研究結果をもとにしたジヒドロテストステロンの生成を抑えて脱毛を予防するノウハウが生かされています。

発毛、育毛のために、頭皮下の環境や栄養状況を整える

インスリン様成長因子IGF-1は毛髪の育成に大きく関わっている成長因子のこと。

「バイオテック」ではIGF-1の活性化を行うこと、さらに頭皮下の血管が収縮することで起こる毛乳頭細胞が栄養不足を解消すること等で頭皮環境を整えて、発毛、育毛を促進するようにしています。

効果を発揮しやすいサプリメントなど独自の商品も多数ラインナップ

頭皮が固いなどによって有効成分が浸透しにくい場合に、極超微粒子で頭皮への浸透性を向上できるものなど、様々なオリジナル商品が用意されています。

ノコギリヤシなどの有効成分やビタミン、ミネラルなどを配合したサプリメント商品もあります。

多種多様な商品ラインナップがある反面、予算オーバーには要注意

img113011

コースやプラン体系

主に入会金、技術料、自宅ケア商品などが料金の内訳ですが、1人1人の目的や原因、予算に合わせたコースが用意されておりコースによって料金は変わります。

月々定額のコースがあり、毎月一定額のため分かりやすいプランが特徴ですね。

高額になる場合はカウンセラーに予算の相談を

複数の商品、特に自宅ケア商品などを使うとそれだけ料金が高くなると言うのが欠点です。

その代わりに予算が足りないと言った場合はカウンセラーに相談すれば適切なご提案が受けられるようなので、ぜひ活用の際は頭に入れておきたいですね。

自分自身でどの発毛剤育毛剤を選んで良いか分からない、カツラや増毛では抵抗があると言った方にはおすすめ度が高いです。

 

育毛サロンもAGA専門のクリニックなどと同じように様々なアプローチで育毛を行っていますが、デメリットとしては医薬品を使用していない点です。

医薬品のような副作用の心配は無いものの、医薬品より効果がマイルドになる発毛剤や育毛剤が使用されているため、そういった点を確認しながら、活用するようにしましょう。

2015.12.22
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事