正しいシャンプーの洗い方で頭皮を健康に!

育毛剤・シャンプー

一昔前は朝シャンという言葉が流行ったりしていましたが、最近は、シャンプーのやり方やしすぎがベタつく髪やフケの原因と言われることが多くなってきました。

薄毛の原因にもなりかねないシャンプーの方法について、基本的なことですが、もう一度見ていきましょう。

トリートメント効果の高いシャンプーやトリートメントでも、不十分なすすぎ方はNG

シャンプーやコンディショナーには、トリートメント効果が期待できる様々な成分が入っています。

そのため、少し成分を残してもっと効果的にしようと考え、不十分なすすぎ方で終わってしまう方がいますが、実はこれらは逆効果。

頭皮を守る常在菌を必要以上に洗い流し、さらには皮膚の脂分や水分を奪い、皮膚のバリア機能を壊している行為に過ぎません。

人にとってとても重要な常在菌との共存関係

健康的な皮膚は、体から分泌される皮脂と、皮膚表面に住んでいる常在細菌の出す天然保湿クリームで守られているため、潤いと弾力のある肌に保たれています。

この天然保湿クリームは、保湿だけではなく雑菌作用もあり、常在菌以外の菌の繁殖も防ぎます。その為、体は躍起になって外敵から身を守る必要がなくなるため、必要以上に皮膚のターンオーバーを繰り返すこともなく、じっくり健康的な皮膚を育てることができます。

つまり常在菌は、暖かく豊富な食料のある皮膚表面という住み心地の良い環境に住まわせてもらう代わりに、皮膚を外敵から守る免疫効果や、保湿効果のある天然保湿クリームを私たちに提供してくれていますので、私たちと常在菌は共存関係にあるということになります。

フケや皮脂、痒みは体を守るための過剰反応

いくら良いシャンプーを使っていたとしても、シャンプーの仕方が間違っていると、必要以上に常在菌が取り除かれてしまい、体を守るために未成熟な皮膚がどんどん作られます。

また、食生活の乱れで皮脂が増えると、一部の常在菌だけが増えるなど、バランスが崩れることで効果的な保湿クリームが作られなくなります。

バランスが崩れてしまうと、体はいつも以上に体を守る必要性に迫られますので、保湿や殺菌のために体内で作った皮脂が過剰に分泌され、その結果毛穴を塞いでしまいます。毛穴に詰まった皮脂は酸化し、皮膚を攻撃しますので、体は取り除く反応を促します。それが痒みになります。

痒みは皮膚表面の異物を取り除くため進化してきた反応ですので、本来無理やり炎症を抑えるのではなく、原因を取り除くことが大切です。そのためにも、体が過剰反応を起こらないように、皮膚を守る常在菌を正常化することが重要になります。

正しいシャンプー方法

colimg07

[1]お風呂に入った直後は、まだ頭皮の毛穴が開いていません。そのため、湯船につかる場合は、シャンプーキャップ等をつかって、毛穴が開きやすくするのがおすすめです。

[2]洗髪の際は、まずは、ぬるま湯のみでしっかりと汚れやほこりを落としましょう。38~39度ぐらいの少しぬるめがおすすめです。もし入浴直後の場合は、2,3分、毛穴が開くまでしっかりと洗いましょう。

[3]シャンプーを手で泡立ててから髪につけるようにしましょう。爪は立てず、指の腹で頭皮を動かしながらのマッサージをするように洗髪します。

[4]洗い残しが無いように、しっかりとすすぎをしましょう。シャンプーの泡やぬめりが無くなっても、シャンプーが残っていることがよくあるため、頭皮をやさしくマッサージしながら、3,4分はすすぐようにしましょう。

正しいシャンプーのゴールは、皮膚の常在菌を正常化することであると言えます。

本来常在菌は12時間から24時間かけて皮膚の表面を正常化しますので、もし食生活が改善されて毎日洗髪せずに済むのなら、一日おきに洗髪する方が皮膚にとっては負担がなくて良いということになります。

必要以上に洗浄することや、洗浄成分やその他の余分な成分を残すことは、常在菌のバランスを乱すだけですので、長時間の洗髪や、不十分なすすぎには十分気をつけましょう

湯シャンや塩シャンプーなどとの併用も効果的

一日おきにすることに抵抗がある場合、その間をお湯だけで洗う湯シャンや、お湯に塩だけを適量溶かして作る塩シャンプーを取り入れるといいでしょう。

特に皮脂汚れが多い場合、湯シャンではベタつきや匂いが気になり続かない人、効果がなかなかでない人も多いようですので、塩シャンプーも他のシャンプーと同様に、しっかり洗い流すことを心がけてください。

異常を感じたらすぐに使用中止を

最近のシャンプーは、自然なものが増えてきましたが、化学物質がたっぷり入ったものもまだまだ沢山あります。何が体に合わないのか、仕方が悪いのかわかりづらいこともあると思いまいす。敏感な肌や体質の場合は特にフケやかゆみ、ベタつき、臭いなど一気に症状が強くなるようでしたら、もったいないと言わずに、使用を中止しないとかえって長期間のトラブルや薄毛の原因になることもあります。

自然治癒には個人差がありますので、長期間かかる人もいるかと思いますが、やり方が間違っていてはいつまでたっても改善しません。健康な頭皮のためにも一度シャンプーの仕方を見直してみてはいかでしょうか。

2015.12.09
[ライター] T・S(45歳・男性)

フリーライター。東京や大阪等の主要出版社、新聞社、編集プロダクションなどの取材依頼から執筆、編集まで幅広く行っている。専門分野は医療を中心に環境関係など。経営者や病院長等へのインタビュー等も多く、様々な切り口の記事が持ち味。

関連する記事