かゆかゆ頭が薄毛につながる!?頭皮の湿疹の原因を探ろう

男性の頭皮ケア

頭皮は髪の毛が生える毛穴がとても多いなど、他の部位の皮膚とは違っています。

油脂が多いことから湿疹ができやすい環境にあるため、『頭がかゆい』、いわゆる「かゆかゆ頭」になることも少なくありません。

どのような原因で頭皮のかゆみが生じるのか、またどんな治療法があるのか見ていきましょう。

頭皮に湿疹ができる原因はさまざま

頭皮がかゆくなるのは、頭皮にできた湿疹が原因がほとんどです。

しかし、湿疹ができる原因は様々なため、それぞれの要因に合った対処法をとらなくでは効果が無い、逆に状態を悪化させる原因になりかねません。

湿疹ができる最も多い原因としては、顔面などの皮脂の多い部位(しろう部位)や汗などが多い部位にできる「しろう性皮膚炎」が頭皮に起きた場合です。

しろう性皮膚炎が起こるのかは正確には分かっていませんが、一応、皮脂の多い部位に多く存在するマラセチアなどの酵母が原因で炎症が起こると言われています。

空気の乾燥やアレルギーが原因の可能性も

冬場など空気が乾燥する時期に身体がかゆくなる「皮脂欠乏性皮膚炎(皮脂欠乏症湿疹)」が頭皮でも起きることがあります。

さらに、アレルギー反応によって起こる「アトピー性皮膚炎」や金属など何かの物質が触れたことで生じる「接触性皮膚炎」といった皮膚炎が頭部で発生した場合も「かゆかゆ頭」の原因と言えるでしょう。

これらの治療法としては、例えば、しろう性皮膚炎やアトピー性皮膚炎であれば、ステロイドの塗り薬を使用したり、抗菌剤を用いたりします。

また、乾燥が原因の頭皮湿疹であれば、保湿治療が効果的で頭皮を潤わせるための漢方薬などを使うこともあります。

「かゆかゆ頭」が薄毛につながる!?

usuimg08

「頭のかゆみが薄毛になるのではないか。」という疑問がありますが、多くの湿疹は短期的なもので、薄毛の直接的な原因ではありません。

しかし、頭皮をつい掻いてしまう、洗髪等の際にごしごしと洗う等によって頭皮が傷つく場合があります。

その傷から菌が入ると炎症を起こし、毛穴に栄養分が届くのを阻害することになります。

また、掻くことにより、傷ついた角質が剥がれ落ちるためフケが増え、再生した角質は厚みを増すため、それが剥がれ落ちる時には多くのフケが出やすくなってしまうなど、二次的な悪影響が出ます。

湿疹の原因を特定して適切なケアをし、頭皮を大切にするようにしましょう。

2015.11.30
[ライター] T・S(45歳・男性)

フリーライター。東京や大阪等の主要出版社、新聞社、編集プロダクションなどの取材依頼から執筆、編集まで幅広く行っている。専門分野は医療を中心に環境関係など。経営者や病院長等へのインタビュー等も多く、様々な切り口の記事が持ち味。

関連する記事