親族が薄毛でなくても安心できない?薄毛と遺伝の関係とは

薄毛・発毛基礎知識

日本の男性の約30%が「薄毛」、いわゆる「はげ」で悩んでいるという調査結果があります。

しかし、一口に薄毛と言っても、どうしてそうなったのかという原因は、遺伝など人それぞれによって違っています。

特に、父親や祖父が薄毛なので、遺伝よって自分も将来、薄毛になるのではないかと不安に感じている人は多いと思います。

ホルモンと薄毛の関係性

薄毛になる原因は昔から研究されてきました。

その結果、主なものの1つに「男性ホルモン」があることが分かりました。男性ホルモンは、一般的にヒゲや体毛は濃くする一方、髪の毛を薄くするなどの作用をもたらすし、そして、女性ホルモンは頭髪を濃くすることに拘わっていることが判明しています。

この2つのホルモンは、男性であっても女性であっても体内で作られています。そして、その多寡によって、男性らしさ、女性らしさが生じます。

薄毛は遺伝する?「薄毛遺伝子」の存在

男性ホルモンに関連する噂で、『筋トレをすると男性ホルモンが多く造られるようになるため薄毛になりやすくな』と言われているのを聞いたことがあるかもしれませんが、筋トレと薄毛の関係はいわゆる都市伝説です。

薄毛に関係している男性ホルモンが多く出る体質は、親から子へ、子から孫に伝わる可能性があるからです。

こうした作用に拘わっているものは「薄毛遺伝子」と呼ばれています。この遺伝子を持っている場合は、その子孫も薄毛になることは確かにあります。

特に遺伝に関して言えば、隔世遺伝で「はげ」は伝わる可能性があり、特に母方の血筋に薄毛の人がいた時は、用心した方が良いようです。

というのも、「薄毛遺伝子」は、正確には、アンドロゲンの受容体が異なるように伝える遺伝子のことを言い、X染色体に存在しているからです。

そして、X染色体は母親からのみ引き継ぐもののだからです。

遺伝子が原因の薄毛は20%程度とも。遺伝だけが原因ではない!落とし穴に注意

img02

そんな薄毛遺伝子ですが、実際の薄毛に関わっているのは20%程度しかないといわれています。

親族に薄毛の人がいないからと言って安心していると落とし穴にはまってしまうかも知れません。

医学的な要素だけではなく、例えば、肉が好きで、お酒をよく飲み、タバコを吸っているといったような生活習慣が薄毛に関係していることもわかっているのです。

つまり、そうした生活を送っていると、毎日の蓄積によって髪に悪い影響が出る恐れが生まれるからです。特に生活習慣は家族間で似てしまうもの。遺伝がなくても、結果的に薄毛が親子に渡ってしまうことは十分にありうるのです。

このように遺伝子的なものが無くても、親が薄毛なら子も薄毛になるという結果が生み出される場合があります。

いずれにしても、もし身内に薄毛の人がいたら、早めに用心してケアするにこしたことはないかもしれませんね。

2015.11.22
[ライター] T・S(45歳・男性)

フリーライター。東京や大阪等の主要出版社、新聞社、編集プロダクションなどの取材依頼から執筆、編集まで幅広く行っている。専門分野は医療を中心に環境関係など。経営者や病院長等へのインタビュー等も多く、様々な切り口の記事が持ち味。

関連する記事