男性は要注意!ホルモンに作用する「プロペシア」で気をつけるべき副作用

AGA治療

AGAの治療に使用されている「プロペシア」は、効果が大きいとして治療の定番として定評があります。

そのため、個人輸入等で独自に服用している人も多いようで、効果が期待できる一方、副作用も多数報告されているため使用前には注意が必要です。

これからプロペシアを使うそんな方のために、プロペシアの効果や副作用についてまとめましたので、確認をしておきましょう。

プロペシアは男性ホルモンに作用する

そもそもAGAになる要因はいくつかありますが、それらの中でも主なものの一つに男性ホルモンの影響が挙げられます。

頭皮にのみ存在するある酵素と男性ホルモンが出会うと、脱毛を促進する物質に変化してしまいますが、プロペシアには、脱毛の発生を引き起こすこの男性ホルモンの発生を抑える効果があるのです。

「プロペシア」で起こりうる副作用

img113001

プロペシアは男性ホルモンに作用するため、男性には大きな効果が期待できるのですが、半面、男性ホルモンに関わる副作用も確認されています。

性欲減退・ED症状

もともとプロペシアは、前立腺肥大症の薬として開発されたものです。そうしたことから、男性機能の低下や性欲減退も生じる可能性があります。また、性欲減退症状が進むと、EDなどが起こる場合もあります。

男性の場合、こうした性欲減退やED症状については、精神面の問題から生じる場合もあります。

「もしかしたら副作用があるかも・・・」という思いから、症状が生じてしまうケースもあるようです。実際に、ある実験によればプロペシアの偽薬を服用した男性にも性欲減退等の症状が現れたという報告もあります。

乳房の女性化

男性ホルモンに作用し働きを抑える効果があることから、「乳房が膨らんだ」といったことが起こるという報告もされています。

その他

その他にも、肝機能の低下が見られたというケースもあります。

また、抑うつなどの症状になるという報告もみられます。

このように、副作用の危険性もあるプロペシア。

服用の際には、AGA専門クリニックで医師の指導を受け、しっかりと正しい知識を得た上で治療に当たることが肝心です。

また、少しでも不調があった場合はすぐに医師に相談することをオススメ致します。

2015.12.20
[ライター] T・S(45歳・男性)

フリーライター。東京や大阪等の主要出版社、新聞社、編集プロダクションなどの取材依頼から執筆、編集まで幅広く行っている。専門分野は医療を中心に環境関係など。経営者や病院長等へのインタビュー等も多く、様々な切り口の記事が持ち味。

関連する記事