AGA治療で重要な5αリダクターゼとは?

AGA治療

最近、マスコミなどで取り上げられることも多くなった「AGA治療」。

そのAGA治療において、重要な要素である5αリダクターゼについて詳しく説明していきます。

AGA治療の中心は、薄毛を引き起こす5αリダクターゼをターゲットにした治療

AGA治療の中心は、男性ホルモンであるテストステロンと結合して薄毛を引き起こす酵素は「5αリダクターゼ」を標的にした治療です。

この5αリダクターゼは、毛根近くの皮脂腺から分泌されるため、例えば体毛は濃い人でも髪の毛だけ薄くなるといったような症状の原因となります。

5αリダクターゼとテストステロンによって生み出されたDHTは、毛根に栄養を届ける必要ないというシグナルを発生させる他、血流も低下させます。

その結果、髪への栄養補給が止まってしまい、毛は本来の寿命より早く抜け落ちることになります。

5αリダクターゼを抑えるための「フィナステリド(プロペシア)」で発毛サイクルを正常に

colimg02

基本的に男性ホルモンであるテストステロンは、筋肉を増やすなど人の身体に大切な役割を担っているため、それを制御することは健康のためにもできません。

そこで5αリダクターゼをおさえることができれば、テストステロンが分泌されてもDHTが生成されず、健康である髪に十分に栄養が届くようになり、毛が抜け落ちてから再生も上手くいくようになります。

治療薬としては、多くの場合、5αリダクターゼの制御効果が期待できる薬の「フィナステリド(プロペシア)」を使用します。

AGA治療は「頭皮チェック」からスタート

5αリダクターゼが重要なAGA治療と言っても、治療薬には副作用もあるので注意が必要です。

一般病院でAGA治療を受ける場合は、治療薬を処方するだけに留まることが多いのですが、AGA治療専門の治療院では、治療薬の処方はもちろん、ビタミンやミネラルといった髪の毛に良い成分の処方や頭皮に直接働きかける外科的な施術を行うなど、より踏み込んだ治療を行なうことが可能です。

AGA治療では、薄毛の進行を止めるだけでなく、細胞活性化や頭皮環境の改善なども重要になります。

そのため、初期の薄毛の場合でも、勝手な判断をせず、どういった治療法があっているかなども含めて一度専門医に相談するのがよいでしょう。

2015.11.27
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事