なぜ安い?安全性は?プロペシアジェネリックとしてのフィンペシア

AGA治療

最近では、薄毛は薬を飲まなければ治らないと断言しているサイトまであったりと、育毛剤やシャンプーではなく治療薬を服用しての治療を検討する人が増えてきています。

しかし、いざ治療となるとその金額の高さで躊躇する方も多く、ジェネリック薬品が注目されているのもそういった理由からでしょう。

フィンペシアも、そんなジェネリック薬品の一つで、AGA治療薬として使用されているプロペシアと同じ成分、同じ効果が期待できる薬です。
厳密にはジェネリック薬ではないのですが、その内容は後述します。

今回はそのフェンペシアについて、詳しく見ていきましょう。

まずは抜け毛のメカニズムを知ろう

薬の働きの前に、まずは薄毛・抜け毛のメカニズムからおさえておきましょう。

AGAは、男性ホルモンであるテストステロンが、2型5αリダクターゼという酵素の働きによってジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変換される事が原因で起こります。

ジヒドロテストステロン(DHT)は毛母細胞に対して「毛に栄養を送らなくてもいい」という指示を送ってしまいます。

栄養を絶たれた毛根ではヘアサイクルが短く、休止状態が長くなり、結果脱毛を引き起こし、薄毛になります。

薄毛治療薬に含まれる有効成分であるフィナステリドは、2型5αリダクターゼの働きを阻害し、抜け毛を予防します。

つまり、その栄養を止める指示をだすDHTそのものを作らせないようにしましょうという薬なのです。

成人前男性・妊婦さんは要注意!

しかしDHTは成人前の男性の発達を促す役割や、胎児の男性機の発達に必要不可欠なホルモンでもあります。

そのため、成人前の男性の服用と、皮膚からの成分吸収の危険性から妊婦は触れることさえ禁忌とされています。

本来、プロペシアもフェンペシアもこうした禁忌事項は基本的に同じなのですが、劣悪な類似品の中にはその記載がされていないものもありますので注意が必要です。

なぜこんなに早くジェネリックと同価格の薬が登場したのか?

新薬は、研究開発にかかった膨大な費用の回収や、次の研究などの投資のために、値段が高く設定できる特許期間を10年設けています。

そのため、本来ならプロペシアのジェネリックは特許が切れる2019年まで作ることができません。

ですが、フィンペシアは製造元のインドの会社シプラ社は、インドが医薬品の特許条約に加盟していないため製造が合法的に出来ているのが現状です。

つまり、特許期間終了後は正式にジェネリックになることができる製剤だと言えます。

このように、同じ有効成分を配合するフィンペシアは、実質的にプロペシアのジェネリック薬品と言えます。

そのため、他のジェネリック薬品同様、プロペシアと比べると格段に安く購入する事ができるのです。

ジェネリックは成分が完全に同じというわけではない

colimg11062

ここまで読んで、「有効成分が同じで値段が安いなら、フィンペシアを買おう!」とお考えになる方がほとんどでしょう。

しかし注意しなければならない点は、有効成分であるフィナステリドが1mg配合されているという点で同じなだけで、それ以外の添加物が同じでないため、服用が適さない場合もあるのです。

一般的に、薬は飲みやすい薬を形成するために概ね100~500mgの直径6~15mmになるように添加物を添加しています。

これらの添加物の種類や製造方法によっては、有効成分が効かなくなったり、体内で吸収されなくなったりすることもあります。

そのため病院では、症状や体調などの状態を診断して、ジェネリックを処方しない場合もあるのです。

専門機関で治療してからジェネリックに移行するケースも

では、実際に使用して成功している人はというと、最初はAGA専門の医療機関でプロペシアによる治療を受けており、発毛が確認でき、安定してから自己責任の上フェンペシアに移行しているケースが多く見られます。

病院で検査し体質などの分析をしてもらい、何が必要か医者と相談し、必要に応じて十分な知識と生活習慣を身に付けた上での移行というわけです。

体質や症状によっては、フィナステリドが効かない場合もありますし、フィナステリドには発毛の効果はありませんのでミノキシジルやビタミン剤など、総合的な治療が必要だからです。

健康のため、常に最新の情報を仕入れることが大切

最近発表されたプロペシアの副作用についていえば、確率は2%程度でありながらもEDや勃起不全、肝機能障害なども含まれおり、服用を中止しても続く可能性が指摘されているということです。
なお、精子の量については検査されていませんので、残念ながらデータはありません。

こうしたジェネリック薬品を使用する場合は、自己責任で判断する必要もありますので、使用の際は十分注意することをお勧めします。

2015.11.17
[ライター] W・I(33歳・女性)

歯科衛生士として長年医療従事者として勤務。仕事の傍ら、ライターとして医療を中心に様々な執筆活動を継続中。 また、子育て経験から育児や親子関係に関する記事や、イラストの作成も得意。

関連する記事