あなたのやりかた、本当に正しいですか?専門医が教える「自分でできる頭皮マッサージ」

薄毛・発毛基礎知識

頭皮への血流を促進する正しいマッサージで健康な髪を手に入れよう

昔から「髪は女の命」と言われてきましたが、最近では、若い人を中心に男性も髪の毛を気にして手入れする人は増えています。
しかし、本当に髪を大切に考えているなら、髪の毛そのものだけでなく、頭皮にも気を配る必要があります。

実は自己流は頭皮に良くない!?

髪の毛を大切にしているため、毎日のシャンプーとリンスはかかさないなど、髪の毛の手入れに時間をかける人は多いはず。
しかし、本当に髪の毛のことを考えるなら、髪の毛そのものと同様に頭皮も大切にする必要があります。

実際、手で頭皮に刺激を与えたり、あるいは市販の道具を使って頭皮を叩いたりしたりするなど、自己流で頭皮ケアをしている人がいます。
しかし、実際には、そうした『自己流』の頭皮マッサージなどは、効果があまり期待できませんし、逆に頭皮に悪影響を与えることもありますから、用心が必要です。

美しく健康な髪は正しいマッサージから

マッサージは、身体のある部分を揉んだりすることで血行を良くして栄養を行き届かせるようにするのが本来の目的です。
頭皮のマッサージも同じで、多くの栄養が髪に届くようにすることで、髪を美しくするのはもちろん、抜け毛などの予防効果も期待できます。

特に頭皮の場合は、髪の毛が生えてくる毛穴が他のところよりも、はるかに数多くあります。
その毛穴が詰まると毛の発育に悪影響が出て、薄毛の原因になったりもしますから、そうした毛穴をきれいにするためにも、適切なマッサージをする必要があります。

正しい頭皮マッサージのポイントは「頭皮への血流UP」

mc-colimg0824

毎日、お風呂に入って髪を洗う時にマッサージも、一緒にする人は多いと思います。それも良いのですが、できれば少し手が空いた時などに軽く頭皮をマッサージすれば、髪の毛にいいのはもちろん、気分もリフレッシュできるのでお勧めです。

そうした、何かの『合い間』にやるマッサージですが、まずは、後頭部に親指を固定させて、残りの4本の指で耳を包み込むような形にして円を描くように頭皮をマッサージする方法が手軽でお勧めです。
そして、その体制のまま、マッサージに箇所を少しずつ上げていくと、心臓から送られてくる血液が上の方の頭皮にも多く送られるようになるので、抜け毛予防などにも効果が期待できます。

力の入れすぎ、爪をたてるのはNG

マッサージを普段からしたりされたりしている人なら、力の入れ加減は分かるはずです。しかし、初めてだったり、あまり慣れていなかったりした場合は、つい力を入れ過ぎてしまいがちです。しかし、マッサージは適度な力で行うのがベストです。

また、力が入れと爪を皮膚に立ててしまうことにもつながります。そうすると頭皮に傷がつくため、そこから「できもの」が発生したしりして、逆効果になる場合もあるので注意が必要です。もし素手でやるのに自信が無いなら、面が広いヘアブラシを使ってマッサージするのもいいかもしれません。

適度なマッサージは、髪を美しくするのはもちろん、抜け毛予防にもなりますから、女性はもちろん、男性でも、もし将来の髪の毛が心配だと感じているなら、是非、トライしてみてください!

2015.08.17
[ライター] 薄毛治療ナビ編集部

薄毛治療ナビ編集部では、ドクターや医療関係者、ユーザーからいただいた薄毛に関わる様々な情報を調査・収集して提供しています。

関連する記事